証人喚問

先日の証人喚問、自民党議員の質問ひどかったですね。

総理、財務大臣、官房長官、内閣府など、書類改ざんなど無かったですねなどの質問事項、まるで、イエスを引

き出すような質問、今後考慮してもらいたいもの。衆議院では自民党石田氏なども自民、内閣への保護ばかり、

質問になって無かった。


見苦しかったと思われても仕方がない結果になってしまった。


同じ与党でも、参議院の横山真一氏、衆議院の、竹内譲氏、良かったですね。


自民党の議員でも二階幹事長などこの証人の答えで、内閣、の関与が無かったのが証明されたと


コメントしてましたけれど、国民の納得を得たと本当に思っているのでしょうか、疑問だらけです。


参議院の立憲民主党の質問時間はあまりにも短かく、福山さんには気の毒な場面でしたが、


衆議院で立憲民主党には時間が十分与えられ、逢阪誠二氏の質問は良かったと思わさ


れました。


勿論共産党の小池氏の質問などは英語で言えば Excellent でした。


それにしても刑事訴追の恐れがあるのでお答えできません、こんなこと場の連発でで逃げられるのであれば、


証人喚問の逃げ口上を法律で改めてもらいたいと思います。


何のために」国会証人喚問があるのか疑問に思われます。


今回の証人喚問、国民に疑問だらけの結果を見せた喚問劇場と言った方が良かったのかも。


両議会で2時間の質問時間、それに自民党の自己保護主義と思われるような質問時間


は無駄な時間としか思われませんでした。


財務省のの公文書改ざん問題、添えに伴う森友問題 など、今後国民が納得するような


解決差が示されるかどうかに注目したいと思ってます。

この記事へのコメント