国交省

今回の国交省の立場は惨めでした。


政権中枢部が計画したGo Toキャンペーンで一番損をしたのが国交省では?


コロナ問題が落ち着いてからという閣議決定していたのに7月22日に前倒しして

実行してしまい、それに、東京が除外され、キャンセンルが大発生、キャンセル料金は

責任を持ちませんと宣言をした大臣が、総理と官房長官プラス首相秘書官の会合、それに

与野党からの非難により、前言を翻す発表。大臣そのものの立場が壊滅してしまいました。


愚かなイメージだけを国民に与えてしまった責任だけ、負わされてしまったようです。

お気の毒としか言いようがありません。


今日、キャンセル料金などの問題を発表すると言われていますが、実施一日前に詳細が

発表されるなんて、前代未聞、受け入れ側、それに旅行会社が諸問題を負わされてしまったようです。


キャンセル料は国民の税金で賄われるのです、何のためのキャンペーンだったのでしょう。


疑問ばかり残る事業になったようです。


これでコロナ感染者が増えないことを祈るばかりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント